きっかけはディズニーでの結婚式、私の年賀状の拘りは~。

結婚式をディズニーシーで挙げました。
その日以来ディズニーとは何だか縁を感じてしまい、年賀状を始めご祝儀袋やお祝いの品などほとんどをディズニー関連のもので揃えています。

結婚してから毎年年賀状を送っていますが
最初の頃はカメラ屋さんでディズニー年賀状と写真を合成して作って頂いていました。

2年程経過し、載せる写真が無くなったことがきっかけでロフトや通販などでディズニー年賀状を購入するようになりました。
現在(去年)も通販で購入し送っています。

通販購入としては価格が割安なカメラ屋さんのものが多いのですが、
デザインだけで見るとロフトなどのショップのものが可愛く気に入っています。

自分の中のこだわりとしてはミッキーとミニーが必ず入っていることなのですが干支が入っていれば尚嬉しいです。

ちなみにロフトなどのショップのものは立体に見える加工がされていたりと本当に凝ったデザインが多いので価格が安くなれば毎年利用したいと考えています。
さらに欲を言えば挨拶などのちょっとした手書きの文章を加えることができるスペースがあることが重要です。

最近はパソコンで作成される方も多くいらっしゃるのですが、自分のこだわりで温かみを出すために手書きで文章を記入しています。
手紙を書くということが減った現代ですので年賀状くらいは自分で書く部分を取り入れたいなと思いながら毎年作成しています。

⇒年賀状のネット注文でディズニーキャラがあるサイトまとめ

かわいいディズニーデザインで明るく新年の挨拶を@フジカラー

子供が生まれてから毎年年賀状をディズニーにしています。

家族みんながディズニー大好きであること、
子供の写真を載せるのにかわいらしい雰囲気のほうがいいなと思ったことがディズニー年賀状を選んだ理由です。

キャラクターはそのときに子供が好きなキャラクターを選ぶようにしており、
今年はディズニープリンセスがメインになっているデザインを選びました。
写真挿入ヶ所は3ヶ所ありました。

ディズニーを扱っているサイトはいくつかありましたが、
名前を見て、一番安心感のあったフジカラー(富士フィルム)を選びました。

パソコンでデザインを選び、写真をアップロードし、文字を打ち込む…。
すでにベースが決まっており、そこに文章や名前などを当てはめるだけなので作業は非常に簡単です。

七五三で撮った家族写真をメインに、
他にも小さい写真で通っているベビースイミングで泳いでいる写真と、
ディズニーランドでドレスを着て、王子様と撮影したものをチョイスしました。

親バカだとか子供は自慢だとか嫌がる人もいるかもしれない…
そう思っているので、年賀状のやりとりは親族と、子持ちの友人がメインです。

⇒年賀状のネット注文でディズニーキャラがあるサイトまとめ

子供が生まれてからの年賀状はディズニーデザインで!

我が家は子供が生まれてから毎年ディズニーの年賀状を発注しています。

写真をきれいに入れたいので、写真屋さんにお願いして印刷してもらいます。
今年のキャラクターは、くまのぷーさんです。

まだ、子供が幼稚園児なので、
家族で揃って出かけた先で写真を撮って写真屋さんに持ち込んでいます。

子供だけの写真だと、なんだか家族仲良くやってますよという感じが出ないかと思って、今のところ家族写真です。

11月頃になると、写真屋さんの店頭に発注の冊子が置かれるようになるので、色々集めてきます。
写真屋さんのグループによっても、デザインや値段も少し違うので、見比べて選びます。

我が家で選ぶ対象になるのは、
「謹賀新年」か「あけましておめでとうございます」という言葉で作られているものです。
高齢の親戚にも送るので、英語で書かれているものは避けるようにしています。

あとは、写真の枚数は1枚で作れる物です。
何枚も入れると値段もすごく高くなってしまうので、
印刷する枚数が結構多いので安く出来上がる写真1枚の物にしています。

いつまでディズニーの写真入り年賀状を作るかは決めていませんが、
子供が小さく可愛らしいうちは今年同様にディズニーの年賀状を発注して
知り合いに出していきたいと思っています

⇒年賀状のネット注文でディズニーキャラがあるサイトまとめ

喪中突入で送れなかった、初めてのディズニー年賀状

正直に言ってしまうと、
年賀状には写真を使いたくない派・もらいたくない派なのですが、
子供が3歳の七五三の時、事前に大手の写真スタジオチェーン店で写真撮影をしました。

和洋の色々な衣装を着せてもらい、メイクもしてもらい、
写真を撮ってもらっている我が子を見ていたら、
「この写真をみんなに見てもらいたい!」という気持ちに少しだけなってしまいました。

撮影が終わって写真チェックの段階になるとお店の方が色々な商品を勧めてきます。
アルバムにするだけでも、何ポーズ入れたアルバムにするかとかアルバムのフレームはどんなタイプの物にするかなど色々な選択がありました。

その他には、キーホルダーや缶バッジなど、写真を使いたくない派の我が家では、
絶対作らないだろうと思う商品がいくつもありました。

写真を撮影した時期が秋だったので年賀状も勧められ、
写真スタジオで撮影した写真の年賀状だったら送ってもいいかなと思うまでになっていました。

我が家はディズニーが大好きで、ランドへは年に何回も行きますし、
グッズも部屋中に置いてあるくらいです。

我が子が好きなキャラクターはミニーマウスなのですが、
料金が変わらないのであればミッキーマウスも一緒の方がいいなと考え、
ミッキー&ミニーのフレームの年賀状にしました。

年賀状出来上がりの電話連絡を楽しみに待っていたところ、
ある日身内に不幸が起こり、その日は1日中混乱していました。

やっと落ち着いてきたので家に帰り、留守電を見るとメッセージが入っているようだったので、
メッセージを聞いてみると「年賀状が出来上がりました」という話でした。

不幸があった日に年賀状出来上がりの連絡があるなんてこんな偶然もあるんだなと驚いたと同時に、
その年賀状が送れなくなった(=喪中になった)という事に気づき、残念でたまりませんでした。

⇒年賀状のネット注文でディズニーキャラがあるサイトまとめ

デジプリで自分オリジナルのディズニー年賀状が簡単に作れた!

物心ついた頃からディズニーが大好きです。
今まで年賀状と言えば郵便局で売っている味気ないデザインのものを買っていました。

ネットを使って自由に年賀状が作れるということは知っていましたが、
パソコンの操作に疎いので年賀状を作りたくても作れないという状況でした。

幸いパソコン関係に強い人と結婚し、
これはチャンスとばかりに結婚初年度からあこがれのディズニー年賀状を作ることに。
キャラクターは大好きなプーさんにしようと心に決めていました。

利用したのはdigipri(デジプリ)というサイトでした。

夫に教えてもらいながら自分で操作してみましたが、はっきりいって簡単の一言です。

サイトにはいくつものかわいいテンプレートが用意されており、
その中から自分が気に入ったものを選びます。

結婚初年度ということもあり、結婚式の写真を入れるべく写真が入れられるものにしました。

ここだけの話、結婚式もディズニーランドで挙げましたのでデザインと写真はとても良く合いました。

テンプレートを選んだ後は写真を選んでアップロードするだけです。
写真の位置調整もマウスをドラッグするだけで終わりますし、
住所、名前などもフォームに入力するだけで簡単に入れられます。

とにかく操作が簡単で、世界に一つだけの年賀状が短時間で作れます。
どうしてもっと早く自分でチャレンジしなかったのかな、と後悔したくらいです。

夫に教えてもらった翌年からは自分で年賀状を作っています。
幸い子供も産まれましたので、来年はベビーシリーズでチャレンジしようと今から心ウキウキです。

⇒年賀状のネット注文でディズニーキャラがあるサイトまとめ