きっかけはディズニーでの結婚式、私の年賀状の拘りは~。

結婚式をディズニーシーで挙げました。
その日以来ディズニーとは何だか縁を感じてしまい、年賀状を始めご祝儀袋やお祝いの品などほとんどをディズニー関連のもので揃えています。

結婚してから毎年年賀状を送っていますが
最初の頃はカメラ屋さんでディズニー年賀状と写真を合成して作って頂いていました。

2年程経過し、載せる写真が無くなったことがきっかけでロフトや通販などでディズニー年賀状を購入するようになりました。
現在(去年)も通販で購入し送っています。

通販購入としては価格が割安なカメラ屋さんのものが多いのですが、
デザインだけで見るとロフトなどのショップのものが可愛く気に入っています。

自分の中のこだわりとしてはミッキーとミニーが必ず入っていることなのですが干支が入っていれば尚嬉しいです。

ちなみにロフトなどのショップのものは立体に見える加工がされていたりと本当に凝ったデザインが多いので価格が安くなれば毎年利用したいと考えています。
さらに欲を言えば挨拶などのちょっとした手書きの文章を加えることができるスペースがあることが重要です。

最近はパソコンで作成される方も多くいらっしゃるのですが、自分のこだわりで温かみを出すために手書きで文章を記入しています。
手紙を書くということが減った現代ですので年賀状くらいは自分で書く部分を取り入れたいなと思いながら毎年作成しています。

⇒年賀状のネット注文でディズニーキャラがあるサイトまとめ

かわいいディズニーデザインで明るく新年の挨拶を@フジカラー

子供が生まれてから毎年年賀状をディズニーにしています。

家族みんながディズニー大好きであること、
子供の写真を載せるのにかわいらしい雰囲気のほうがいいなと思ったことがディズニー年賀状を選んだ理由です。

キャラクターはそのときに子供が好きなキャラクターを選ぶようにしており、
今年はディズニープリンセスがメインになっているデザインを選びました。
写真挿入ヶ所は3ヶ所ありました。

ディズニーを扱っているサイトはいくつかありましたが、
名前を見て、一番安心感のあったフジカラー(富士フィルム)を選びました。

パソコンでデザインを選び、写真をアップロードし、文字を打ち込む…。
すでにベースが決まっており、そこに文章や名前などを当てはめるだけなので作業は非常に簡単です。

七五三で撮った家族写真をメインに、
他にも小さい写真で通っているベビースイミングで泳いでいる写真と、
ディズニーランドでドレスを着て、王子様と撮影したものをチョイスしました。

親バカだとか子供は自慢だとか嫌がる人もいるかもしれない…
そう思っているので、年賀状のやりとりは親族と、子持ちの友人がメインです。

⇒年賀状のネット注文でディズニーキャラがあるサイトまとめ